宝塚スカイアタッカーズ 監督のブログ

宝塚市 小学生・中学生 男子・女子 バレーボールクラブ

インターネット杯を終えて


主催のインターネット杯が無事に終わりました。良かった良かった。キツすぎず・ゆるすぎず…がモットーな大会で続けてきましたが、第24回大会まで来られたのも、それぞれの年代の保護者さんたちが頑張ってくださってきたからです。今年も役員チームの保護者のみなさん、お疲れ様でした。有難うございました。


もともと、インターネット杯はメールでの申し込み先着順で参加いただいてきました。コロナ禍は、大会の規模を縮小した関係でこちらからお声掛けしていました。が、やっと今年から先着順のメール募集に戻りました。「出たかったのにー!」と、今回参加していただけなかったチームの指導者さんもいました。申し訳ありません。


🟨4年生以下
スカイのBチームとして、インターネット杯に出場しました。元々は出る予定では無かったのですが、参加チームの都合で急遽決定。まあ、本人たちは大喜びでしたけどね。4年生以下ですが、4年生は二人だけ。あとは3年生たちに2年生たち。普段は上の学年が中心なので、そんな状態で迷惑をかけなければ良いなあ…まで思っていました(笑)

でも、そんな心配をよそに、一番元気だったのが4年生以下のチビーズたち。インターネット杯では会場に入ってくる「よろしくおねがいします!」の声も、一番でした。嬉しい!悔しい!がはっきり出せていた、素晴らしい二日間でした。この時期はバレーボールを思い切り楽しんで欲しいです。





🟩6年生
男女でちょうど6人。もちろん、性格も全く違う6人ですが、6年生のこの時期にきても、すれていないと言うか、真っ直ぐな6人です。お世辞にも、上手いバレーボールは出来ていませんが、みんなで1点を取りにいく優しい子らです。

初日の予選の最終戦。上位トーナメントをかけた試合で惜敗し、二日目は中位トーナメントでした。でも、終わってみればこれが素敵な一日になりました。結果が残せたから…なんてものではなく、とても嬉しい光景が見られたからです。

と言うのも、役員チームのメンバーたちが、宝塚市の他の試合を応援していたんです。うちの子らも、宝塚の他のチームの応援をしていましたが、うちの試合のときも、後ろで一生懸命に応援してくれていました。そんな光景を見て、このためにきっと昨日はあの結果になったのだろうな!と感じました。正直、感動しました。大人が見習う部分だとも感じます。6年生たちは中位トーナメントを優勝し、素敵な笑顔で終わることが出来ました。





🟦5年生
スカイ男子は、5年生8人で組んだチーム。来年度の全日本大会に向けて大きな目標をたて、頑張ることにしました。インターネット杯では、予選を3勝で1位通過し、上位トーナメントに進みました。

二日目の二次予選も何とか2勝し、ベスト8で対戦したのは練習試合でもお世話になっているチームさん。試合前に、今の全てを出すことを伝えて、挑戦させてもらいました。美しいレシーブの相手さんに、今チャレンジしていることが通用するのか、楽しみでした。流石のレシーブ力になかなか点が入らず、でも面白い試合をしてくれました。残念ながら力の差で敗戦しました。

小さいチームがどうやったら勝てるのか、どうやって1番を目指したら良いのか、試行錯誤です。

ただ、5年生の意識は全く甘いレベルです。目標に対しての行動は伴わずで、気迫も全然弱い。まず、自分に勝たないといけないでしょう。後悔の無い毎日を過ごさねば。






さて、次は【番外編】へ♪

第24回インターネット杯 結果

第24回インターネット杯小学生バレーボール大会


《大会成績》

【アトム】
優勝 吉野(大阪府
準優勝 神吉(加古川市
第3位 加古川Bits(加古川市)・加古川疾風(加古川市
敢闘賞 姫路JVC姫路市

ブラックジャック
優勝 宝塚スカイアタッカーズ混合(宝塚市
準優勝 三田なかよし(三田市
第3位 池田(大阪府)・茨木郡(大阪府
敢闘賞 八本松(広島県

【フェニックス】
優勝 昆陽里(伊丹市
準優勝 めだかクラブ(三田市
第3位 仁川エクセレンツ(宝塚市)・すみれリバースB(宝塚市
敢闘賞 長尾エンゼルA(宝塚市



参加していただいたチームのみなさん、
本当に有難うございました。
来年は第25回記念大会になります。

さて、次はスカイのインターネット杯の記事を…

阪神新人大会

阪神地区の新人戦が行われました。地区の新人戦は昨年からスタートし、男子・女子・混合、それぞれのカテゴリーに分かれて試合をするのは初。全日本大会の最初の大会とも言えます。

スカイは5年生チームが外せない試合と重なってしまい、4年生以下チームで出場。チビーズのメンバーたちも気合い満点で出場していました。

最初のセットを奪ったり、フルセットの試合をシャットアウトされたり…全敗で終了。まだまだ勝ち負けには届きませんが、再来年度に一回り成長して全日本大会に臨んでくれるでしょう。

体験のメンバーたちも来てくれています。また人数も増やしていけたらと思っています。頑張れスカイチビーズ!!

潮見ファインカップ2024


今年も行ってきました。愛媛🍊遠征です。第21回の潮見ファインカップに参加させて頂きました。開会式での潮見の子たちの言葉に、涙が出てしまいました。「こんな熱くて前向きなチーム・子どもたちを育てたい」心からそう感じた時間でした。三位一体の素晴らしいチームさんです。


優勝旗を返還し、予選会場に向かいました。広い体育館で予選3試合、この時期の6年生のパワーに苦戦しつつも、拾いきれない以上に、気迫の足りなさを感じた一日でした。

この日は勝ちにこだわり、勝負の結果よりも、自分たちが出来る全てを出して欲しかった。案の定、最後は気持ちが負けたプレーでゲームセット。各県の代表チームを相手によく頑張っていますが、あと1点、あと2点が取れない一日でした。泣く子もいましたが、「本当にあれで全てを出しているか?」と、厳しい言葉をぶつけました。

まだまだ、実力も気持ちも、全国大会には程遠いです。負けてたまるか!の精神を持たせるために、これから頑張っていかねばなりません。


宿泊先は、山奥にある民宿でした。街中のホテルや民宿が取れず、会場から30分以上も離れた、しかも他に何もないような山奥の場所を見つけてくださり、そこに泊まりました。これが大当たり🎯。食事も最高だし、貸し切りだし、ゆっくり楽しむことが出来ました。何より、こんな時間を使って保護者さんたちと交流出来ることが、幸せだなあと感じました。


嬉しいことに、うちの男子部員『かいり』に彼女が出来ました。人間ではなく、お猿さんですが(笑)彼の優しさとユニークなところは、お猿さんも好きなんですね。なぜかかいりにべったり。離れませんでしたよ🐒


ほんと、素敵な民宿でした。また来れたらいいなあ。と感じながら、二日目を迎えます。





二日目の今日は、全て勝ち上がって東雲の会場に帰る!そう気合いを入れてスタートしました。予選2勝し、対角のチームとの決戦。ここで敗れました。やはり勝ちきれない試合。課題、宿題をいっぱい頂いた、今年のファインカップでした。

負けた会場で練習をさせて頂き、昨年に比べてとても早い帰宅になりました。今回で得たことはたくさんありますが、やはり気持ちで負けていては勝ちきれないことは感じました。

どこに目標を置くのか。しっかりと子どもらと意思疎通し、真っ直ぐに突き進んでいければと思っています。

人生の半分はスカイ

今日、めでたく半世紀に到達。
50歳になっちゃいました。

クラスで子どもらに歌ってもらい、
スカイで子どもらに歌ってもらい、
幸せを感じました。

保護者さんから
プレゼントも頂きました。
本当に有難うございました。




さらに、自宅到着でビックリ。
OBの保護者さんたちが
来てくれていました。

感謝やなあ。
ほんま、有難うございます。







50歳の時点で、
スカイは25年。

人生の半分…
スカイと一緒に
過ごしてきたことになるなあ。。。







これからも感謝の気持ちを忘れず、
スカイを続けていきたいです。

出会いに感謝。










さて、ブログネタが溜まってきました。

またゆっくりアップしますね。

ファインカップ初日(予選)

残念ながら、予選1勝2敗で
明日の上位トーナメントに進めずでした。

最後の試合は、
山口県の全日本代表チームとの一戦。

あと2点。
あと1点。

これが取れないのが
今のチーム。




コートで気持ちを出せないチーム。

情け無いですが、
これが、スカイの実力。




勝負に拘りたい一日だっただけに、
コートで気迫を出せなければ、
話になりません。





悔しいのか?

それさえも分からない。
悔しい初日だった。


諦めず。

明日こそ。

潮見ファインカップ開会式

素晴らしい開会式でした。

潮見の子たちの挨拶を聞き、
また感動して涙が出てきました。

この開会式だけでも、
来た甲斐があったと思えます。



全日本、スポ少、T-FIVE…
それぞれの全国大会に出場のチームが
ずらりと集まっていました。




改めて、
二日間、頑張ってきます。